兵庫の太陽光発電 HOME » 知っておきたい太陽光発電の基礎知識

知っておきたい太陽光発電の基礎知識

太陽光発電を導入するなら基礎知識は身につけておきたいもの。施工業者との話し合いもスムーズに進み、メリットやデメリットも把握しやすくなります。

まずは、太陽光発電の基礎知識を身につけよう

太陽光発電システムに興味を持ったら、まず基本的な知識を見つけましょう。太陽光発電がなぜ太陽の光で電気を生み出すことができるのか、一緒に設置する周辺機器にはどのような役割があるのかなど、仕組みを正しく理解することが大切です。

また、業者によっては太陽光発電のメリットばかりを話して契約に結ぼうとするところがありますが、どんなシステムにもメリットだけでなく、デメリットが存在します。日照時間が少ない屋根などは思っていた以上に発電量が少なくなることもあり、このような場合はきちんと「発電量が少ないため太陽光発電の導入はしない方が良い」と言ってくれるような業者を選ぶべきです。

メリットばかりを鵜呑みにしないためにも、まずは自らがメリットとデメリットをきちんと知っておくようにしましょう。

売電の仕組みや将来性もチェック

太陽光発電の魅力はなんといっても売電収入です。初期費用を回収しながら売電収入を得ることで、将来的に安定した収入を得られるシステムになります。さらに消費する電気使用量を下げながら売電収入を高めることができる、オール電化との組み合わせはおすすめです。なぜオール電化と組み合わせることでさらにお得に使うことができるのか、メリットを紹介するので参考にしてください。

売電の固定買取価格が年々下がっていますが、将来的に見て太陽光発電を設置するべきか設置しないべきかで悩んでいる方も多いと思います。太陽光発電のこれからはどうなっているのか、将来性や気を付けるべきポイントなどもまとめてみました。

また太陽光発電に関するよくある質問にも一気にお答えします。気になっている小さな疑問も解決しながら、太陽光発電システムの導入へ一歩踏み出してみてください。
 

太陽光発電って本当にお得なの?

  売電金額(年間) 節約金額(年間) 元が取れる年数
太陽光発電 約10万円 約8万円 約8年
オール電化 なし 約3万円 設置費用による

・・・それぞれの役割を理解しておこう

省エネルギーシステムの導入で利益を得たいと考える人は多いと思います。太陽光発電においては、作られた電力を売電することができるので、実際に利益という形で収入を得ることが可能です。

ただし、蓄電システムの場合は充電した電池を売ることはできないので、蓄電システムの導入で収入を得られるわけではありません。

蓄電システムに電力を充電し、その電力を自宅で使用することで電気代を大幅に節約でき、結果お得であるという考え方になります。これはオール電化も同様です。

太陽光発電システム導入した場合

家庭用の太陽光発電システムだと、一般的には500kWの太陽光発電を設置する家庭が多いと思われます。この場合、その年の気候にもよりますが、発電量の約70%を売電することができ、その電力量は年間で約3,800kWhです。

これを売電価格と掛けて計算すると、年間約10万円前後の収入を得ることができます。太陽光発電システムの導入費用はその製品によっても異なりますが、設置費用が約180万円だった場合、約8年でその費用の元が取れるといわれています。

売電金額のほかにも、補助金の利用などによって導入費用が低くなれば、さらに短い期間で元が取れることも期待できます。

オール電化を導入した場合

オール電化を導入することで、ガスや灯油などのエネルギーを必要としなくなるので、光熱費の節約が期待できます。

オール電化にはIHクッキングヒーターやエコキュート、床暖房などさまざまな製品がありますが、IHクッキングヒーターとエコキュートを設置した場合、費用は約80~100万円前後です。

オール電化でほかの燃料を使用しなかった場合、ガスや灯油も合わせて使用していたころと比較すると年間でおよそ3万円の節約になります。

オール電化の設置費用にはかなり幅があるので、元が取れるまでに何年と言い切ることは難しいのですが、平均的な金額だった場合は約25年ほどで元が取れるといわれています。

蓄電システムを導入した場合

蓄電システムで充電した電気を利用すると、年間でおよそ2.5万円電気代を節約できます。蓄電システムの導入費用は100~200万円前後だといわれていますので、およそ20年ほどで元が取れる計算です。さらに補助金制度を利用すれば、さらに短い期間で元が取れます。

太陽光発電の設置にはこんなトラブルも…

施工ミスで雨漏りが発生

設置業者がきちんと対応しなかったために、屋根が破損してしまい雨漏りが発生してしまったという事例があります。丁寧に施工してくれる、信頼できる業者に依頼することが肝心です。

メーカー保障外の設置方法

メーカーでは、太陽光発電においてさまざまな保証制度を用意しています。これは正しい方法で設置されていて、システム側の問題で障害が発生したときに適用される保証です。

このため、メーカーで保証される方法で施工されていない太陽光発電については保証適用の範囲外となってしまいます。施工方法が原因で保証を受けることができなかったという事例もあるようです。

良い太陽光発電業者の見つけ方

施工実績

太陽光発電の業者を選ぶ際には、できるだけ多くの施工実績をもつ業者を選ぶと安心です。やはり経験が多ければそれだけ技術が高いということになりますので、信頼して施工を任せられます。

自社で設置を行っている

導入を下請け業者に依頼している企業だと、下請け業者が雑な施工を行ってしまうことがあります。もちろんきちんと対応してくれる下請け業者もいると思いますが、やはり自社の人間が施工まで行ってくれるほうが信頼できますよね。

太陽光発電とは

太陽光発電は、太陽光のエネルギーを「太陽電池」というパネル装置を使用して受けとめ、電力に変えるという発電方法になります。 この電気はそのまま家庭用の電力として使用することはできないので、専用の周辺機器を使用して家庭用と同じ電力に変換してから、家庭でも使用できるようになります。 こちらでは、太陽光発電の仕組みや、使用されている周辺機器など、太陽光発電の概要についてご紹介しています。

太陽光発電とはのページはこちら

メリットとデメリット

太陽光発電には、光熱費を削減できたり、環境に配慮したエネルギーを作ることができるなどのメリットがあります。 また、自然災害などで停電した際には、自宅で発電した電力を使用できるので、非常時でも安心です。 逆にデメリットとしては、時刻や天候によって発電量が変わってしまうため安定していない、設置や導入におけるコストが高いなどが挙げられます。 こちらでは、太陽光発電のメリットとデメリットについてさらに深く掘り下げ、ご紹介しています。

メリットとデメリットのページはこちら

どのくらい発電する?

太陽光発電を導入する際には、どのくらいの発電量を得ることができるかという点を理解しておくと、「思っていた発電量と違っていた」ということにならずにすみます。 発電量計算式は、「システム容量×日射量×損失係数」で計算します。 また、設置している地域や季節によって日射量が違うので、年間の発電量も地域や季節によって変わってきます。 こちらでは、太陽光発電の発電量の計算式や日射量などについて詳しく解説しています。

どのくらい発電する?のページはこちら

ソーラーパネルメーカーの特徴

ソーラーパネルは、各メーカーによってそれぞれ特徴があります。 例えば「東芝」であれば、コンパクトで軽量なので省スペースで設置できる、シャープであればラインナップが豊富でより自宅の屋根の状態に合ったパネルを選ぶことができるなどといった具合です。 こちらでは、各メーカーのソーラーパネルの特徴について解説しています。

ソーラーパネルメーカーの特徴のページはこちら

売電のしくみ

太陽光発電の大きなメリットが「売電」です。 太陽電池で電力を発電したら、家庭用の電力としても使用することができますが、電力会社に買い取ってもらうこともできます。 余った電力を買い取ってもらえるので、できるだけたくさん発電をして少なく消費するように心がければ、光熱費がゼロになる上に売電収入も得られるのです。 こちらでは、太陽光発電の売電について解説しています。

売電のしくみのページはこちら

オール電化と組み合わせるとお得って本当?

太陽光発電システムは、それのみを使用するよりも、エコキュートなどのオール電化と組み合わせることでさらにお得に使用することが可能です。 太陽光発電システムだけ導入しても光節約効果は大きいですが、深夜に安価な電気料金で給湯できるエコキュートとオール電化を組み合わせることで、さらに高い節約効果を得られます。 こちらでは、太陽光発電とオール電化を組み合わせた節約についてご紹介しています。

オール電化と組み合わせるとお得って本当?のページはこちら

太陽光発電のこれから

太陽光発電は自宅で発電ができ、余った電気を売電できることから、ここ数年で大きく普及し、たくさんの家庭が太陽光発電を導入しました。 しかし売電においては、今まで固定買取制度によって決められた金額で電力会社が買い取りをしていましたが、固定買取制度が中断されたという情報が出たことで、導入を検討している家庭は不安を感じているようです。 しかし、今までのような固定された一般的な電力会社への売電ではなく、「新電力」に切り替えることで売電価格が1円も高くなる「プレミアム買取」といった制度も始まっていることから、太陽光発電は今後まだまだ伸びていくシステムだと考えられています。 こちらでは、太陽光発電の今後について解説しています。

太陽光発電のこれからのページはこちら

よくあるQ&A

こちらでは、太陽光発電の導入において疑問に思われることの多い事柄を、Q&A形式でご紹介しています。

よくあるQ&Aのページはこちら

蓄電池とは

こちらでは、蓄電システムを導入する上でのメリットやデメリットについて解説しています。費用や補助金、環境などメリットとデメリットを理解した上で、自宅の環境に最適な蓄電システムを導入できることが理想ですね。

蓄電池とはのページはこちら

【免責事項】
「兵庫で探す太陽光発電業者リスト」は個人が集めた情報を元に制作しています。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。