兵庫の太陽光発電 HOME » 知っておきたい太陽光発電の基礎知識 » 太陽光発電のこれから

太陽光発電のこれから

太陽光発電システムはいつ導入するのが良いのか。これから設置する方が気になる、太陽光発電の将来性についてまとめました。

導入するべきは今?それともまだ待つ?

太陽光発電の将来性と導入タイミングについて

太陽光発電はここ数年で普及数を大きく伸ばしたため、周りを見渡せばソーラーパネルが載っている住宅を数多く見つけることができます。「これから家を建てたら太陽光発電にしよう」と考えていた方もいると思いますが、2014年に九州電力や東北電力などが太陽光発電の新規申し込みをストップというニュースが流れたことや国からの補助金が打ち切られたことを受け、導入するのを迷っている方も多いのではないでしょうか。

太陽光発電を設置するのはしばらく待っていた方が良いのか、それとも早く設置した方が良いのか。まずは太陽光発電の今後を考えてみて、判断をしてみましょう。

太陽光発電はこれからどうなるのか

太陽光発電の魅力はなんといっても自宅で発電ができること、余った電気を売電できることです。売電は今まで固定買取制度により決まった金額で電力会社が買取を行っていましたが、ニュースで固定買取制度が中断された話が流れたために、「設置しても余剰電力を売れないのでは」といった不安が生まれています。

中断されている固定買取制度は10kW以上の太陽光発電の新規申し込み分です。今現在運用している太陽光発電システムの電力の買取が突然終わったわけではありません。さらに「10kW以上」というのがポイント。10kW未満の一般的な住宅では問題なく新規申し込みができます。

また、中断される地域は九州や沖縄、北海道、東北、四国の5つの地域です。関東や関西、中部では10kW以上でも新規の受け入れを行っています。関東や関西、中部は土地の関係からメガソーラーの建設も少なく、エネルギーの受け入れがオーバーすることもなさそうなので、今後も新規申し込みを中断する可能性は低いかもしれませんが、一般住宅をはじめ土地活用による産業太陽光発電の設置が増えれば、将来的には分からないというのが現状です。

導入を考えている方は、新規申し込みをしている間に申し込みをしてしまった方が、例えば中断となってしまっても契約終了まではきちんと売電できるというメリットがあります。

また固定買取制度の価格はここ数年でだんだんと下がっていますが、太陽子発電システム導入の費用も下がっています。反対に製品性能はどんどん向上しているため、あと数年待てばさらに高性能な太陽光発電システムを導入できるかもしれません。

国からの補助金は既に打ち切りとなっていますが、これも太陽光発電システム導入費用の低下と合わせて考えると、結局負担する金額は数年前とたいして変わらないと言えます。

これから導入する時に気を付けるべきこと

太陽光発電システムを導入しようと考えた時には、どうしても以前と比べて買取価格や補助金の減額、または打ち切りに焦点が当たりがちですが、発電システム自体の性能はどんどん良くなっていて、発電効率や発電量も数年前より格段にアップしています。

それを踏まえると太陽光発電はまだまだ魅力的なシステムであり、これからも素晴らしいエネルギー源であることには変わりません。さらに今まで固定されていた一般的な電力会社への売電ではなく、新電力と呼ばれるものに切り替えることで売電価格が1円ほどアップできる「プレミアム買取」といった制度も始まっています。

今後電力の小売りが全面自由化されると電力会社間でも競争が始まり、電力の買取需要が高まることも予想されます。

太陽光発電は10年、20年と運用することで利益を十分に得ることができるシステムです。「まだまだ、導入する時期じゃない」とのんびり待っていると、導入する機会を逃してしまうことにもつながります。“導入を検討したときこそがチャンス“と考え、太陽光発電システムを始めてみてはいかがでしょうか。

【免責事項】
「兵庫で探す太陽光発電業者ランキング」は個人が集めた情報を元に制作しています。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。