兵庫の太陽光発電 HOME » 知っておきたい太陽光発電の基礎知識 » メリットとデメリット

メリットとデメリット

節電やエコなど太陽光発電のメリットのほか、デメリットもきちんと把握しておくことが大切。このページでは太陽光発電のメリットとデメリットを紹介します。

太陽光発電のメリットとデメリットは?

太陽光発電のメリットとデメリットを紹介

「光熱費が削減できる」「環境に優しい」など太陽光発電のメリットは色々とありますが、そのなかでも多くの方が実感している太陽光発電のメリットにはどのようなものがあるのかを紹介します。また、反対にどんなデメリットがあるのかも紹介するので導入の参考にしてください。

太陽光発電のメリット

光熱費が削減できる

発電した電気を家庭内で使うことができるため、電力会社から買う電気が少なくなり光熱費が大幅に削減できます。また、余った電気は電力会社に売ることができ、収入を得ることもできます。

クリーンなエネルギーで環境に貢献できる

太陽の光エネルギーで発電をするため、環境問題の一つであるCO2をほとんど排出しません。石油や石炭のような燃料も使わないので非常にクリーンで環境に優しいエネルギーです。

万が一の時も、発電した電力を使用できる

台風や竜巻などの災害で停電したときでも、自宅で発電した電力は使うことができます。設置していれば非常時に電気が使えるという安心感があります。

設置場所を選ばず、規模も自由に選べる

太陽光発電のシステム構成は簡単なので、日射量さえ確保できればどこにでも設置ができます。騒音や排出物もなく、それぞれの施設に合ったシステムで発電できます。

他の発電システムよりもメンテナンスが簡単

太陽光発電の耐用年数は20年以上です。構造がシンプルなので他の発電システムよりもメンテナンスが簡単にすみます。万が一トラブルがあっても保証期間内なら無料でメンテナンスを行ってくれます。

太陽光発電のデメリット

時刻や天候によって発電量が変わる

発電には太陽の光エネルギーを必要とするため、太陽が出ていない夜間の発電はできません。また雨や曇りの日は発電量が低下しやすく、晴れていても日照時間や日射の強さなど季節や時刻によっても発電量に差が現れます。

パネルを載せるため、屋根に負荷がかかる

太陽電池のパネルを何枚も屋根に載せるため、屋根への負荷を避けることはできません。技術の低い施工業者を選ぶと、雨漏りなどのトラブルにつながります。

設置するための導入コストが高い

太陽光発電を導入するためには初期投資がそれなりにかかってきます。2014年度いっぱいで補助金も打ち切りとなったため、導入コストが高いと感じる方が多くなっています。

導入するにあたり気になるのがデメリットですが、これは施工業者をしっかり選ぶことにより緩和することができます。例えば発電量なら事前に正しいシミュレーションを行ってもらえば納得の上で導入できますし、屋根のトラブルも技術の優れた施工業者を選べば問題がありません。導入コストも以前はメリットだった補助金がなくなったことで高いと感じる方が多いと思いますが、普及にともなって設置価格は安くなっていますし、導入後のメリットを考えると長期間運用すれば投資した費用も回収することができます。ただしこれも優良な施工業者を選んでからこそ。安心して長く使い続けるには、技術力や設置後のサポート体制などが充実した業者を選ぶ必要があります。

【免責事項】
「兵庫で探す太陽光発電業者ランキング」は個人が集めた情報を元に制作しています。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。