兵庫の太陽光発電 HOME » 知っておきたい太陽光発電の基礎知識 » 太陽光発電の2019年問題とは?

太陽光発電の2019年問題とは?

今、注目されているのが太陽光発電の2019年問題です。2009年に、余った電気を固定価格で買取する制度が始まり、一般家庭向けには10年の期間が設けられました。期間が満了となる今年、その後の買取価格や、既存の業者が継続して買取をするかなどの情報がいまだに不明瞭です。

売電価格はこれから安くなっていくことがほぼ確定しているので、今後は売電以外の新しい手を考えていく必要があります。

なぜ2019年なのか?

余剰電気の固定価格買取制度が始まったのが2009年です。システム容量が10kW未満の一般家庭向けの太陽光発電は、期間が10年と定められていました。経済産業省の資産エネルギー庁によると、制度開始から10年が経過した2019年11月以降には、年内だけで50万件以上の買取期間の満了者が発生すると言われています。

期間が満了してからは、電力会社は電気を買い取る義務がないので、今までのように現在の契約先に余剰分を売ることができない可能性があります。継続して買取をしてもらう場合の参考価格を確認しようとしても、現時点でははっきりとした数字が出ていません。

4月から6月にかけて、各大手電力会社から買取メニューが発表される予定ですが、不確かなことが多いと言わざるをえない現状です。

買取制度が満了する4か月から6か月前に、契約している業者からその旨の通知がきます。売電が継続できない場合は電気が売れない状態となり、新しい買取先を見つけないと、余剰分は無償で一般送配電事業者が引き取る形となるのでご注意ください。

電気買取制度の開始年である2009年の住宅用売電価格は、48円/kWhでした。10kWh未満、出力制御対応機設置義務なしの場合なら現在、2019年の売電価格は24円/kWhなので、2009年と比較すると半値にまで下がっています。

太陽光発電の費用の回収期間は、平均で8~12年と言われているので、10年以上の売電を見込んだ長期プランを立てて購入した方が、一定数存在することになります。その時に想定していた買取期間満了後の売電価格が、予想よりも下回ることによって回収の計算にずれが生じていることも問題と言われる理由の一つになります。

今後の売電価格はどうなるのか?

2019年の時点で、10kWh未満における売電価格は24円/kWhですが、今後も下がっていくことがほぼ確定しています。2018年9月に経済産業省が、2025年から2027年度までに、住宅用太陽光発電の売電価格を11円/kWhにする考えを明らかにしました。

固定価格買取制度で メリットを感じられるようになったことで、太陽光発電は広く普及していきました。

そして、買取価格が上がったことによる費用は、電気を利用する全ての人が負担する仕組みで成立しています。2012年から、電気料金の請求と一緒に「再生可能エネルギー発電促進割賦金」という名目で徴収されているのです。

略して再エネ割賦金と呼ばれていますが、負担額が年々上昇している傾向にあります。使用料が月300kWh程の標準家庭をモデルにした場合、2012年は月額66円くらいでしたが、2018年では月額870円以上と10倍以上の値上がりです。年間で計算すると約1万円も増加しています。

再生エネルギーの発展のために支払っている費用ですが、太陽光発電の普及に伴う売電価格の仕組みが、負担額が上がる大きな要因の一つとして挙げられます。

一般家庭の負担が増え続けている現状を改善するために、経済産業省は長期計画で買取の価格を下げていく方針です。太陽光発電を設置している人には、売電の他に自宅で上手くエネルギーを使用するような方向に誘導していく流れが着々とでき始めています。

売電価格が下がっている理由は他にもあり、太陽光発電の設置が初期と比べると、半値近くの価格になって性能が向上しています。そのため、以前のような売電価格ではなくても、メリットがあるといえるでしょう。設備費の元が十分に取れる性能が備わっていれば、売電価格が低くても、得が生まれる商品として着実に普及していきます。価格低下の背景には、技術の発展というプラスの要因も考慮されているのです。

売電以外の選択肢とは?

売値が安くなっていることを踏まえて、これからは、余剰電気を売電以外で有効に利用していくことが重要です。経済産業省の資源エネルギー庁のホームページの中に、2019年問題に関するページが開設されています。その中では、買取制度が満了になった後の対策として、さまざまな自家消費の方法が選択肢に挙げられています。

有効的に余剰電気を活用する方法の一つが、家庭用の蓄電池です。作った電気を貯めて、他のタイミングで使用することができれば、電気代が安く済むことに加え、非常用の電源としても活躍。決して安い商品ではありませんが、2019年度問題の対策としての需要が見込まれていることから、キャンペーン販売が行われることも期待されます。

太陽光発電は、電気給湯器とのエコキュートとの相性も非常に良いです。夜間電力が安くなる契約を結んで、遅い時間にお湯を沸かす仕組みになっています。逆に昼間の電気代は高くなるのがデメリットですが、その時間帯を太陽光発電でまかなえば、電気代が高い時間帯は電気を使用しないことになるので、生活環境によってはいままでよりも安く済むかもしれません。

近年、増加の傾向にある電気自動車も、自宅の余った電気で上手に充電することができれば、燃料費がだいぶ浮く計算に。ガソリン車では原油価格が高騰した際の影響を直に受けるので、その時期の給油代はバカになりません。太陽光発電を導入し、電気自動車を利用する方は、燃料費が割安になる期待を持てるでしょう。

【免責事項】
「兵庫で探す太陽光発電業者リスト」は個人が集めた情報を元に制作しています。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。

兵庫県の方、必見!兵庫の太陽光発電施工業者5選 太陽光発電施工業者リストin兵庫