兵庫の太陽光発電 HOME » 知っておきたい太陽光発電の基礎知識 » 太陽光発電で損をして後悔するケース

太陽光発電で損をして後悔するケース

太陽光発電は自宅で発電し、できた電気を使って電気代を削減できたり売却して収益につなげられたりと、メリットが多い設備です。ただ、中には思ったような効果が得られず、「損をしてしまった」と感じるケースも。このページでは、太陽光発電設備を導入して「失敗してしまった」という体験談や、そうならないために気を付けるべきことについて紹介しています。

太陽光発電設備で損をして後悔するケース

「太陽光発電設備を設置して損をした」というケースで多く挙げられるのは、「価格とメリットが見合っていない」という状況。「損をした」という声に細かく耳を傾けると、「日照時間の関係などから思ったほどの発電ができない」あるいは「売電価格の変更やローンの金利変更などで想定していたほどのメリットが見出せない」とったケースが見えてきます。こうした自体を避けるためには、事前の段階で以下のようなポイントをしっかり押さえておく必要があるでしょう。

太陽光発電でメリットを得るには

太陽光発電は、発電した電気を売ることによって設置費用を相殺し、電気代を削減していくビジネスモデルになっています。ここから言えることは、「長期で売電を続けて初めてメリットになる」「長期にわたって設備が稼働し続けることが前提」ということ。メーカーの契約事例を見ていくと、多くの場合、15年程度を減価償却期間として見積もっているようです。それだけの期間にわたって使用をしていかなければ、太陽光発電設備の設置は損となることもあり得ます。

ただし、電気を電力会社から買うのではなく、自前で作り出せるというのは、状況によってはそれだけで大きなメリットにもなり得ます。具体的にいうと、停電などによって電気が得られなくなったケース。この場合、太陽光発電を行うことで最低限の電力が確保できることにつながります。災害時の備えとして太陽光発電設備を導入するのであれば、短期間に利益を得られなくてもそれほど気にならないでしょう。

モデルケースの想定を細かく行う

太陽光発電設備を導入する際は、具体的な収入と支出、削減できる電気代のバランスをしっかりと計算すべきです。例えば、自己負担が180万円で月に1〜2万円ほどの削減効果が得られる場合、15年ほどで設置費用はペイできます。ただしこれは、設置費用以外のお金が一切かからないという仮定の話。もし故障などでメンテナンスが必要になった際は、契約内容によっては追加の費用が発生することもあり得ます。このあたりは契約内容によるので、契約時には導入後のことまでしっかりと詰めておくようにしましょう。また、そうしたことも踏まえた上で収支バランスを計算し、導入についてはトータルの費用をシビアに考慮していくべきです。

製品によってはほとんどメンテナンスがいらないものもあるので、製品選びの際にはただ安価なものではなく、長期にわたってきちんと使い続けられるものを選びたいところです。

業者とのやりとり時には、気になる点は全て明らかにしてもらう

太陽光発電設備の導入を考えた際には、専門業者とのやりとりが発生します。その際、業者もビジネスで行っているわけですから、営業トークとして導入のメリットいばかりを紹介している可能性も。それらは決して利用者をだましているわけではないのですが、巧妙なトークにデメリットやリスクの部分が覆い隠されてしまうリスクには要注意です。太陽光発電設備は決して安い買い物ではありません。業者とやりとりをする際には、少しでも分からない点はしっかりと突っ込んで質問をし、明確な回答を引き出すように心がけましょう。最初からデメリットも包み隠さず話してくれる業者は、ある程度信用ができると考えられます。

また、見積もりでは必ず複数社から「相見積もり」を取るようにしましょう。製品は同じであったとしても、業者によって契約内容や施工条件などはまちまちです。その後の運用方針について差が出てくることも考えられます。複数社とのやりとりの上で、自身の条件に合ったところを選ぶようにしましょう。

太陽光発電設備を設置して損をしないために

太陽光発電設備を設置したことによって損をする人には、以下のような共通点が見られます。

  • 見積もりを1社で済ませてしまい、複数社の見積もりをとっていない
  • 効率的な売電・買電ができていない、売電収入に期待しすぎてしまう
  • メーカーをきちんと比較していない
  • 保証内容・期間をチェックしていない
  • メンテナンス費用を計算していない

こうしたことは決して不可抗力ではなく、業者との事前のやりとりによって防ぐことが可能です。特に、複数の業者に見積もりを取り、発電量のシミュレーションをしっかりと行った上で収益モデルを立てていくということは、太陽光発電設備を導入するにあたっては必要不可欠と言えるでしょう。費用を算出する際には、各社、各メーカーの提示してくる条件や金額をきちんと比較し、おかしいと思った点を事前につぶしていくと、安心感を持って導入に臨めます。

また、太陽光発電設備は長期にわたって運用していく機械ですから、メンテナンスは必要不可欠です。経済産業省資源エネルギー庁では、およそ4年に一度のメンテナンスを推奨。メンテナンス費用については業者との契約に含まれる場合もあるので、事前にしっかりと確認しておくべきです。

そして、太陽光発電設備で作られた電気は電力会社が買い取ってくれるわけですが、売電価格は時期によって変動していきます。その推移もしっかりと追った上で、シミュレーションをしていくようにしましょう。

太陽光発電を始めるにあたって何より大切なのは「業者選び」です。くれぐれも慎重に信頼できる業者を選び、契約まで進めるようにしてください。

【免責事項】
「兵庫で探す太陽光発電業者リスト」は個人が集めた情報を元に制作しています。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。

兵庫県の方、必見!兵庫の太陽光発電施工業者5選 太陽光発電施工業者リストin兵庫