兵庫の太陽光発電 HOME » 知っておきたい太陽光発電の基礎知識 » 太陽光発電とは

太陽光発電とは

太陽光発電システムを設置するなら、まずは太陽光の基礎知識を学びましょう。ここでは太陽光発電とは何か、から紹介します。

そもそも太陽光発電とは何か

そもそも太陽光発電とは何か、基礎知識を紹介します。

太陽光発電は太陽の光エネルギーを太陽電池と呼ばれるパネル装置で受け止めて、電気に変換する発電方法です。太陽電池が発電した電力はそのままだと直流電力のため家庭では使えません。そのためパワーコンディショナなどの周辺機器を使い電力会社と同じ交流電力に変換してから家庭内の家電製品に電気を供給します。

これらの仕組みをまとめて太陽光発電システムと呼びます。

太陽から発電できる仕組み

太陽から発電するためには、太陽電池が必要です。太陽電池は太陽の光エネルギーを受けると日射強度に比例して発電を行います。太陽電池はシリコンなどの半導体で作られているものが一般的で、電気的な性質が異なる2種類の半導体を重ね合わせたものです。

太陽の光が当たると電子(マイナス)と正孔(プラス)が発生します。この電子(マイナス)と正孔(プラス)は2種類の半導体に分かれて引き寄せられ、表面と裏面に取り付けた電極から流れていき、電流として使えるようになります。

よく聞く「ソーラーパネル」は、太陽電池をたくさんつなげたものです。電池の最少単位を「セル」と言い、セルを板状につなげたものを「モジュール」「パネル」などと呼んでいます。

必要となる周辺機器

太陽電池で作られた電気は「直流電力」のため、そのままでは家庭内の家電製品には使うことができません。そのため周辺機器と呼ばれるさまざまな機器を用いて、家庭で使える「交流電力」に変換します。

周辺機器には、太陽電池がつくった電気をまとめる「接続箱」、交流の電気に変える「パワーコンディショナ」、家中に電気を配る「分電盤」、停電に備えて電気を備える「蓄電池ユニット」、電気の情報を見える化する「エネルギーモニタ」などがあります。普段は操作やメンテナンスも不要で、自動的に変換されるため手間もなく、一般的な電気と同様に使うことができます。

嬉しいのは余剰電力を売電できること。発電電力が消費電力を上回ったときには自動的に電力会社に送電をして電気を買い取ってもらえます。

【免責事項】
「兵庫で探す太陽光発電業者ランキング」は個人が集めた情報を元に制作しています。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。