兵庫の太陽光発電 HOME » 兵庫の太陽光発電導入ガイド » 費用の目安

費用の目安

メリットいっぱいの太陽光発電。導入しようとした時に気になるのが費用ですね。設置にはどれくらいの費用がかかってくるのか、ここでは費用相場を紹介します。

太陽光発電の設置費用相場

太陽光発電を導入するのにかかる費用画像

太陽光発電を導入するのに多くの方が気になるのが「費用はどれくらいが相場なのか」「何年で元が取れるか」だと思います。

太陽光発電を設置する場合の価格相場は、1kWあたり300,000円~400,000円程度と言われています。全国平均では新築の場合総費用が156万円、既築の場合が198万円となっています。一般的には設置容量が大きければkWあたりの単価は安くなり、小さいほど単価は高くなる傾向があります。スレートや瓦、金属といった屋根材や、勾配屋根、陸屋根といった屋根形状によっても左右されるため、太陽光発電の設置金額の相場は分かりにくいものです。

ではどうしたら良いのかと言うと、実際の屋根を見て貰っていくつかの業者から見積もりを出してもらいましょう。見積もり額では補助金がある市区町村の場合、補助金を引いたあとの金額だったり補助金を引く前の金額だったりするので要注意。同じ「実質負担額」の基準になおしてから、「1kWあたりの単価」にして比べてみると分かりやすくなります。

例えばA社が「価格180万円、容量4.00kW」だった場合kW単価は45万円です。B社が「価格150万円、容量3.00kW」だった場合、kW単価は50万円です。価格だけで比べるとB社の方が安いように見えますが、kW単価で比べ直せばA社の方が安いことが分かります。

導入に関わる設置費用の内訳相場

あくまで目安になりますが、設置費用の内訳は次のようになっています。分からない内訳があったときは、きちんと確認しておいた方が安心です。

工事費用

  • 屋根工事費(100,000円~150,000円)
  • 電気工事費(100,000円~150,000円)

機器費用

  • 太陽電池パネル(単価×枚数)
  • パワーコンディショナ(150,000円~300,000円)
  • 屋根用架台(100,000円~150,000円)
  • 室内モニター装置(50,000円~100,000円)
  • 専用ケーブル(10,000円~30,00円)
  • 接続箱(30,000円~50,000円)

その他

  • 各種提出書類の申請費用

元が取れるまでの回収期間は

太陽光発システムはだいたい10年~15年程度で元が取れると言われています。何年で初期費用が回収できるのかは、発電量や売電量、自己負担額などが影響するため一律に言い切ることができません。ですが簡単な計算で目安を知ることはできます。

例えば設置費用が180万円の太陽光発電システムを導入、補助金合計が47.2万円、年間発電収入が14.4万円だったとします。これを計算式「(設置費用-補助金)÷年間発電収入」に当てはめると、9.2となります。

つまりこのシステムだと約9年で元が取れるということです。太陽光発電システムは30年使えると言われているので、9年で元が取れればあとの21年は電気代がほとんどかからないうえに売電収入も得ることができるため、とてもお得です。

ソーラーローンを利用する

太陽光発電設備の設置には、住宅用でも100万円以上、産業用ともなれば1000万円以上という、大きなお金がかかります。中には、まとまったお金をすぐに用意できないという方も少なくはないでしょう。そんな方におすすめなのが「ソーラーローン」です。場合によっては初期費用なしで太陽光発電をスタートすることも可能。太陽光発電設備の設置を考えている方には一度チェックしてみてほしい仕組みです。

ソーラーローンとは?

「ソーラーローン」は、太陽光発電設備を新たに購入・設置しようとしている人に向け、銀行や政策金融公庫などが提供しているローンのこと。最大で20年というスパンでローンを組めるところが多く、金利も1パーセント台と低金利に設定されているのが特徴です。また、銀行のソーラーローンであれば、売電収入が得られるまで元金の返済を待ってくれるという措置期間が設けられていることもあります。

信販会社でもソーラーローンを提供しているところがありますが、金利は2パーセントから3パーセント台と、銀行に比べるとやや高め。ただし、銀行や政策金融公庫の審査に落ちてしまった場合でも信販会社なら融資が受けられる、というメリットがあります。

ソーラーローンの審査について

ソーラーローンの利用については、審査が必要になります。銀行だと法人向けのローンが多く、個人ではやや審査に通りづらいという傾向があるようです。一方で、太陽光発電設備を販売している会社が信販会社と提携していることがあり、そういったところだと審査も簡潔で、ローンに通りやすい傾向にあります。

ソーラーローンのデメリット

ソーラーローンは太陽光発電設備を設置したい人にとっては非常に有効なローンだと言えますが、デメリットも存在します。

ソーラーローンはほとんどの場合、金利が変動制となっています。国内経済の変化によって影響を受けやすく、場合によっては利息の支払額が大きく変わってくるリスクも。もし住宅ローンと二つ同時にローンを組んでいるのであれば、両方の利率がアップすることで経済的に負担が大きくなってくることも考えられるので、注意が必要です。変動制の金利を避けたいのであれば、最初から固定金利のソーラーローンを選ぶようにしましょう。

また、万が一台風や大雪などの自然災害で太陽光発電設備が被害を受け、故障や破損などが生じてしまった場合には、「期待していた発電効果が得られずローンばかりを支払うことになってしまう」あるいは「修理費で多額のお金が必要になる」といったケースも考えられます。契約の段階では、太陽光発電設備についての補償内容をしっかりと確認しておきましょう。自然災害補償がついているタイプのソーラーローンであれば、ある程度安心感をもってローンを組めます。

ソーラーローンを用意している兵庫県の金融機関は?

兵庫県内でソーラーローンを検討しているのであれば、県の指定がある金融機関で申し込みをするのがベター。兵庫県のホームページには、「住宅用太陽光発電設備等に対する融資制度」という項目があり、新築住宅、既存の住宅に太陽光発電設備を設置する人に向け、指定融資期間から融資を受けられるようになっています。融資額は1件あたり最大500万円、償還期間は10年以内、融資金利は固定金利で0.8パーセントと非常に低い設定です。これから申し込みをするのであれば、一度検討してみることをおすすめします。分からないことがあれば、兵庫県の「農政環境部環境管理局温暖化対策課」や、各金融機関に個別に問い合わせてみてください。疑問点を質問すれば、分かりやすく回答してくれることでしょう。

  • 普通銀行( 三井住友・但馬 )
  • 信用金庫( 神戸・姫路・播州・兵庫・尼崎・日新・淡路・但馬・西兵庫・中兵庫・但陽 )
  • 信用組合( 兵庫県警察・兵庫県医療・兵庫県・淡陽・兵庫ひまわり )
  • 労働金庫( 近畿 )
  • 農業協同組合( 兵庫六甲・あかし・兵庫南・みのり・兵庫みらい・加古川市南・兵庫西・相生市・ハリマ・たじま・丹波ひかみ・丹波ささやま・淡路日の出・あわじ島 )
  • なぎさ信用漁業協同組合連合会

【免責事項】
「兵庫で探す太陽光発電業者リスト」は個人が集めた情報を元に制作しています。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。

兵庫県の方、必見!兵庫の太陽光発電施工業者5選 太陽光発電施工業者リストin兵庫